読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本経年変化協会の会長の徒然日記

『日本のモノ造りは世界トップレベル』一生愛用できる経年変化するアイテムを企画する日本経年変化協会の会長の日記代わりのブログ

しびれた革

年が明けて、僕は悩んだ。

ここ5年ばかしで色んなレザーを見てきたけど、良いレザーとは何か?

良いレザーとは作りたいレザープロダクツに最も適したレザー

が答え。国産であれば、オリジナルレザーと栃木レザーと馬革であれば、新喜皮革でほぼ十分のラインナップ。海外のレザーでしびれた革がこちら。

f:id:japanaging:20170120235632j:plain

アリゾナと言われるイタリアはトスカーナ地方のレザーだ。
今年から本格的な導入を始める。
欧州のレザーは日本と違い半裁と言うカットで販売せず、ほとんどがダブルショルダーと言われるカットであり、品質が均一なのが嬉しい。アリゾナも例にもれず。

イタリアトスカーナ地方のコンツェリア・ラ・ブレターニャ社がフルタンニン鞣しを行っており、原皮はアルプス牛。

f:id:japanaging:20170120235946j:plain

シュリンクでもダコダでも天然のシボが革らしい。

昔使った事あったけど、色数仕入れて色々商品企画をしたいと思った2017年元日。

厚みの割にソフトなのが良い。

インポートレザーは割高だけど、使う価値あり。

ワクワクするね。

浅草の商社さんと早速打ち合わせだ。