読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本経年変化協会の会長の徒然日記

『日本のモノ造りは世界トップレベル』一生愛用できる経年変化するアイテムを企画する日本経年変化協会の会長の日記代わりのブログ

『運』についての主観~運は幸せ、不幸せの問題じゃない~

日記とか雑談

スタッフがブログ更新してくれました。

specialite.ko-co.jp

名刺ケースでオーダーの中に3個に1個は赤をオーダーされる方がいらっしゃいます。僕も赤好きなんで、嬉しいんですけど、僕は赤がラッキーカラーだったりする。僕の名刺ケースも赤だよ。


『運』についてお話する機会があったので『運』について考えてみる


とある方と面談してまして、ふと

「会長はだいぶ験を担ぎますよね??運強いですもんね。」

と言われた(笑)。サラリーマン時代僕はずっと営業畑だったので、営業の方々は皆験を担ぐような事してました。それを体系化したのが風水かと思います。

『運』ってそもそもなんやろ?調べてみると「巡り合わせ」と出てきた。

幸せな事に巡りあった→運が良い。
不幸な事に巡りあった→運が悪い。

ってか?じゃぁ~運って上がったり、下がったりしてるのかな?宝くじ当たったら運がよくて、外れたら運が悪い?じゃぁ~大抵が運が悪い奴ばっかやん。

 


『運』点で見るんじゃなくて、線で見るとお坊さんが言ってたよ。


『運』って言葉が浸透しすぎのよう~な気がする。

パチンコで負けたとか勝ったとか(笑)。ギャンブルする人は一般的には『運』が悪い。『運』の良い人でギャンブルする人居ないもん(笑)。儲かってるのはパチンコ屋さん。パチプロと呼ばれるパチンコで生計立てる人もいるんでしょうけど、数%でしょう。

「今日は厄日だ!!」

と言ってる人も見かけるけども、厄年はあっても厄日はね~よ(笑)。厄年はちょうど加齢で体調が崩れて病気しやすい歳が医学的にも当たっているそ~で。病気すると気分も滅入り、悪い気を引き込むんでしょう。

僕はお坊さんと話す機会もなぜかあるので、『運』って何ですか?と質問したら

「『運』は点でなく、線で見るもの。単発の事柄じゃなくて、ある周期で見るもの。」

と言われました。
分かるよう~でよく分からん。うん。禅問答(笑)。流石坊主。奥深いぜ!!

 


予期しないトラブルは不幸だけど生きる糧となる


なんぼ善人でも予期しないトラブルに見舞われることもある。

病気になったり、交通事故に巻き込まれたり、自然災害に巻き込まれたりね。
ちなみに、僕はトラブルと言うトラブルは大抵経験しました(笑)。その時はなんで、自分ばっかり・・・。と凹みますけどね。

先日葬儀業を営む社長さんと打ち合わせしてて
「(一般に知られていない)業界なのによく勉強してるね。」と言われました。勉強してないし、私事ですが数年前に父親が急死。医療事故なので裁判にもなったし、葬儀から納骨まで分けわからないまま全部自分がやらないといけない。裁判始まれば裁判のルールなんて分からないけど医療専門の弁護士さんと打ち合わせ。民事と刑事双方ですからね。医療制度や抗癌剤のような薬品の知識も必要になるし、民事裁判、刑事裁判双方にも自然と詳しくなる。父親が亡くなった翌年には実の弟に癌が見つかり、挙句の果てに交通事故に巻き込まれたり。そんな時期に起業したから僕は完全にクレイジー扱い(笑)。

けどね。

けどね。

トラブルは苦しいし悲しい思いをする。けど、経験から知識を得る。弟の病気も父親の経験からしっかりと病院選びをし、医師任せでなく、しっかりと相談して治療方針を決めることができた。交通事故や裁判の経験から法律にも詳しくなり、現在仕事に役立っている。むしろトラブルを通じて出会った弁護士や人脈が今も僕の力になってくれている。

人生山あり谷ありとよく言われますが、人は親がある限り年功序列で行くと親が先に亡くなるので一般的には自分の親の葬儀は誰でも経験してしまう。

人間一生のうちに嬉しいこと、苦しいことの数は同じらしい。

僕は若いうちに谷がいっぱい来たんだろうなと思っている(笑)。じゃぁ後は楽しい山ばっかりじゃん。苦しい谷から這い上がる時に何を得るかがセンスなんでしょう。

谷に落ちた時に這い上がるには前向きじゃないとあかんわけで。

『運』は巡りあい。それはどれだけ自分の価値観の幅を広げてくれる人に巡りあうか?が運の良し悪しなんでしょう。


結論


自分の経験とお坊さんのお話から

とりあえず生きてるってことは運が良いんでしょう。

今元気にしてても無事明日を迎える保証はないわけで。
金運に関しては僕も知りたい。
お金に巡りあうにはど~したもんかね~(笑)。

仕事だって一人じゃできない。お客様が居ないと意味ないし。これも巡りあい。運なんやね。