読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本経年変化協会の会長の徒然日記

『日本のモノ造りは世界トップレベル』一生愛用できる経年変化するアイテムを企画する日本経年変化協会の会長の日記代わりのブログ

寺社仏閣をお参りする目的・内容

日記とか雑談

僕は家族で毎月最初の土曜日は神戸にある須磨寺にお参りに行きます。なんか歴史も古くて源平合戦のゆかりがあるとか無いとか。

ま、何で毎月お参りしてるのかは後から理由は説明するとして、日本は仏教の国なので、全国に寺社仏閣は本当に数多く存在する。最近では御朱印帳巡りが流行っているそ~な。

僕の家も代々信心深い家柄ですが、僕自身がわりと神様、仏様に対して信心深くない。せいぜい初詣とお盆とお彼岸にお墓参りするぐらい。時々何となく、人に教えてもらったパワースポットと呼ばれる寺社仏閣に行ってみるぐらい。

そんな僕ですが、拝んでいると熱心に見えるか、同行者から

「何をそんな熱心にお願いしたの?」

と訊かれる。「別に・・・。」と沢◯エリカみたいな返答してますが・・・。今日も訊かれたので、ブログネタに。

 


別に願い事なんて無い。あえて言うなら「あっざす!!」かな?


僕は地が割とドライなトコあって、神様、仏様を信じていないと言うことは無いのですが、神仏と言う目に見えないモノにすがる、願い事をすると言う思考が理解できない。合格祈願したり商売繁盛を願ったり、そんなもんで希望の大学に合格したりお金持ちになるなら、苦労しないし、期待して結果でないと神様、仏様に八つ当たりするのかい?って感じ。逆に

「え?みんな何かお願いしてるの?僕何もしてへんけど・・・。」

と不安になる(笑)。

それでも周りは熱心に拝んでいるとか、長い時間拝んでいると言われるけど、そんな雰囲気が僕からしてるのか??強いて言うなら拝んでいると言うか「あっざす!」とお礼言ってる感じ??

初詣なら「去年無事に生きてました。あっざす。今年も宜しくです。」ぐらい。

学問の神様天神様にお参りしたのは受験後でした。母親がお参りしてくれたそ~ですけど。そんときも、お礼でした(笑)。
「僕アホやのに大学生になったぁ~。あっざす!!」こんなもんです。基本自分が興味を持つと深く探求するのですが、それ以外は軽いのでこんなもんです(笑)。

 


パワースポットの捉え方


僕は自分で興味を持ってパワースポットを調べて巡るような事はしない。お世話になってる社長さんや友人・知人から「あっこい~よ。」と言われたら行きたくなって行く感じです。
今年も教えて頂いて一箇所神社行ってきて、初めて祈祷をして頂きました。神主さんがなんじやまんじやと祝詞と言われる専門用語で神様にお願いしてくれてるんでしょう。この時は

「パワー頂いて、あっざす!!」

パワースポットに来て、パワーをもらってない訳がない。何かえ~事あるんでしょう。逆に嫌な事があっても大難は小難ですむんでしょう。パワーが何だかよく分からんが気分がよくなったのであっざす!です。

だから風水とかも僕大好き。良いと言われてるんだったら実践したくなる。運が良いよと言われる環境で生活したいし。ぐらいで捉えてます。

 


がん患者様ご家族様にオススメかも。須磨寺


毎月お参りしている須磨寺

www.sumadera.or.jp


お参りするきっかけは実は数年前弟が癌になったこと。会社の健康診断で握りこぶし大の腫瘍が見つかった。胚細胞腫瘍と言う固形癌とは違う珍しい癌のようで、生存率50%と言う癌でした。前年に父親を肺がんで亡くしていた時期で本人以上に兄である僕も母親もショックでした。何となくググったら地元神戸に癌封じのお寺があるとのこと。それが須磨寺でした。
【情報元】
http://www.goriyaku.kotomeguri.com/kobe/goriyaku/byouki/hukuroku_itsukushima.html

半年以上入院して抗癌剤治療して腫瘍が小さくなれば手術で摘出。そしてリハビリと言う長い闘病生活を余儀なくされる弟。人間の力ではどうしようも無いことなので、せめて気持ちが軽くなればと思ってお参りしたのが最初です。

幸い治療が功をなして無事に社会復帰して現在経過観察中ですが、元気になったので毎月1度お礼を言いにお参りしてるって感じです。

がん患者様、やそのご家族は一度お参りしてみるのも良いかもしれません。何か前向きになればね。

 


お礼ぐらいがちょうど良いと思う。
願い事は期待だから願う方も願われる方もしんどいっしょ(笑)。


アラフォーや40代以上の年齢であれば、共感頂けると思いますが、期待すれば結果が希望するものでないのであれば、怒りに似た感情を覚えますし、世の中は理不尽だらけなもんです。

20代の頃は人を信用して自分の思い通りにならなかったら人を非難してました僕も。今は信用した自分の選択が間違っていたと思うようになってます(歳だね)。願い事も期待の一種だから結果ありきはしんどいね。

ただ、純粋に仏教ってのは自分たちにはどうしようも無いことで心が折れそうな時の拠り所して生まれたんだろね・・・。

僕は毎回参拝するたんびに願い事考えるのが面倒。

今日も嫌なことあっても面白おかしくヘラヘラ生きてます。あっざす!!

これぐらいがちょうど良いのかなって思う。