読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本経年変化協会の会長の徒然日記

『日本のモノ造りは世界トップレベル』一生愛用できる経年変化するアイテムを企画する日本経年変化協会の会長の日記代わりのブログ

歴史は学べます

楽しい盆休みが終わりった・・・。

皆様楽しい盆休みを過ごしましたか??僕も遊びほうけました。普段から遊び呆けてますけどね(笑)。

僕は滋賀県彦根城に行ってきました。

www.hikone-400th.jp

ラッキーにもひこにゃんにも会えました。

f:id:japanaging:20150817235612j:plain

いやぁ~可愛い。
何なんだ?この愛くるしさは!!ゆるキャラブームですが、ダントツひこにゃんは可愛い。

 


安政の大獄で独裁者として桜田門外の変で暗殺された大老井伊直弼の歴史上の功績


彦根城は近江彦根藩の管轄で徳川家康の四天王の家臣の一人である井伊直政を初代とする井伊氏が代々収めてきた土地であり、居城が彦根城です。井伊直政以外で有名なのは大老井伊直弼ですな。大老とは現代の内閣総理大臣なようなもので、井伊直弼大老であるときは日本は激動の時代で、アメリカのペリーが来航したり将軍の跡継ぎ問題で江戸幕府の内部抗争があったり、そんな時代でした。

井伊直弼は独断でアメリカに開国許可したり、自分の反対派を徹底した弾圧を加えました(安政の大獄)。水戸黄門で有名な水戸藩が一番弾圧されて、水戸藩士は井伊直弼を恨んで、井伊直弼を暗殺しちゃいます(桜田門外の変)。

f:id:japanaging:20150818001419j:plain

今日で言う総理大臣の大老が暗殺されるちゅーのはセンセーナショナルな事件で現代に至るまで事件が語り継がれている次第ですが、当時の日本は鎖国明治天皇の先代は孝明天皇でしたが、開国は反対で、将軍も天皇の配下でありその臣下の将軍の家臣である大老が勝手に開国しちゃうのは逆賊と思われます。

でも開国してなかったらヨーロッパ諸国の植民地になってたよ。

当時の中国は、清と言う国で同時期にイギリスと戦争をします(アヘン戦争)。当時のアジア諸国の軍事力は欧米と比べてお粗末なもんなんでコテンパにやっつけられて清は国土の大半をイギリスの植民地にされちゃいます。

実際薩摩藩はイギリスと戦争して(薩英戦争)でボッコボコにされています。井伊直弼は多少不利な条件であってもアメリカに対して開国することで欧米との戦争を避けました。

「今は耐え凌ぎ、時を待って・・・。」

と将軍や朝廷に書簡を送っています。

実際に日本は江戸幕府は滅亡しますが、明治政府になり脱欧入亜(アジアを抜けて欧米列強に追いつく)政策を取り、アジアで唯一欧米に等しい軍事力や国力を得ます。

僕は江戸時代と太平洋戦争の敗戦と言う日本にとって二大転機を上手く舵をとって日本と言う独立国を維持に貢献した人物の一人が井伊直弼だと思います。

 


意外と知られていない井伊家のその後。
井伊直弼の死は井伊家の存続に繋がった。


桜田門外の変井伊直弼が暗殺された後、井伊家はどうなんたんだろう??意外とその後って知られてません。

井伊直弼には息子がいて、井伊直憲と言います。井伊直弼が暗殺された時はまだ若く、しかも井伊直弼は幕府内にも大勢の敵が居ました。

大老が暗殺されると言うのは何たる不覚なのか??」

と逆に咎められ、重臣も処刑されるわ、30万石から20万石に減封されるわで、大老四家である井伊家を幕府は雑に扱いました。

やがて新政府の官軍と幕府が戦争します(戊辰戦争)。さんざん雑に扱われた彦根藩は幕府ではなく、官軍に味方します。幕府からみると一番の重臣の家系が敵方についた状態。貧乏くじを引いたのは会津藩

京都の守護は従来井伊家が担当してたけど、井伊家は官軍についたので、同じく重臣の松平家率いる会津藩が京都の守護を担います。

結果、ボッコボコに負けて、白虎隊のような悲惨な事件で家臣はほぼ全滅するわ、会津若松城は燃やされるわで散々でした。

もし、井伊直弼が生きていたら大老だし最後まで幕府側で、彦根藩会津藩のような運命をたどったはず。

結局戊辰戦争は官軍の圧勝で、幕府が滅亡して明治政府が誕生します。

廃城命令や廃藩置県で大名制度は終わりを迎えます。

井伊直弼の息子である井伊直憲は官軍についたので、明治政府では伯爵と言う爵位が与えられ、東京で悠々自適の暮らしを天皇家の血筋である有栖川家とも婚姻関係が生まれたり、彦根城もいったん返してもらって井伊家個人の財産となるなど、知られてないけど名家として悠々自適の暮らしに。

相続税とか半端ない負担になるので、1944年に井伊家は彦根市彦根城を寄付しています。これで今日の彦根城に至っています。

16代当主の井伊直愛の時代に日本は太平洋戦争へと突入し、井伊家は東京から彦根市疎開。終戦後も東京に戻らず、彦根市の市長に立候補して井伊直愛はそのまま36年間も市長になっちゃいます。(ネスカフェCMにも出てたよね・・・)殿様市長とか言われてたました。

現在は18代目の婿養子の方が当主で彦根市の一職員という普通の地方公務員をされているそうです。

歴史を変えた井伊直弼とその死がもたらした子孫の存続。

すごい浪漫です。

歴史は学べるね。

さ~て盆休みモードからお仕事モードに切り替えないと。

歴史は学べる