読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本経年変化協会の会長の徒然日記

『日本のモノ造りは世界トップレベル』一生愛用できる経年変化するアイテムを企画する日本経年変化協会の会長の日記代わりのブログ

実際向上したんだから、やりますよ。

昨日のブログを見て、多くの反響頂けました。

公式ブログやなくて、個人ブログもお客さん見てくれてはるんやと思うともう少し丁寧にブログ書かないとあかんですね。

 

japanaging.hatenablog.com

 昨日のブログみて

「会長、財布やるんでっか!?」

とお客さん方の反響凄かった。

やるよ。メッチャやるよ。

今日実は滅多に受注はしないけども個人オーダーのお財布を納品しました。お客さんメチャ満足してくれました。

毎日いろんな事考えてると色んな情報が入ってきて知識が増えて知恵になる。

本日、スタッフと関係者に

「財布企画するから、2種類やるから。カードスペースが殆ど無い財布とカードメッチャ入る財布やるから!!」

意味分からん。

相反する財布創ってどないしはるんですか?

ま~だぁ~てろ!!って事でやります。


まず『金運』と言うものが存在すると思う前提


 興味持ったらとことん追求して調べたくなるんが僕の悪い癖で、昨年『金運の風水』みたいな専門家の方に言われて実践してみたら、確かに僕はもとから人脈的に恵まれてたけど今年に入って加速してきた。人脈が拡大するとお客さんも知らぬ間に増えてきた。

僕は基本、神仏は否定はしないけども神頼みはあまりしない。

「運気があがりますように。」

と神頼みするのは今現在自分が運悪いと自認していることに他ならない。病気もせんと毎日健康に楽しく生きてるのには変わらないので、運悪いわけちゃうし。と言う発想からね。自社仏閣言っても「おかげさんで元気です。」みたいに拝んでます。

お金と言うものに関してはそりゃ欲しいです。宝くじで7億とか当たったら完全ニートになる自信あるぐらい(笑)。

元気でも健康でもお金は欲しいもんで、それを『金運』と言うものが存在するなら調べてみようかなと。言葉的にも宿命は定められて自分の力でどうしようも無いもんみたいやけど、運命は自分である程度コントロールできるもんらしい。お金を引き寄せる事が『金運』ならばある程度コントロールできるもんらしい。

『金運』に関する書籍は数多く出版されており、読み漁りましたこの1ヶ月で一日2冊で60冊ほどね。ま~怪しいもんもあったけど根本的な考え方は

  • お金は生き物である。
  • お金のお家が財布である。
  • お金が好む家の設計がある。

じゃ~黄色の財布とかあれは完全に嘘。財布の内装が黄色が良いと書いてある本があったけども、冷静に考えてお金持ちが黄色の財布使ってるとこ見たことないし。

 


じゃ~『金運』に最適な設計をしてやろうじゃ、あ~りませんか。

「ないなら創ってしまえホトトギス


 その『金運の風水』の専門家に言われたのが、

「財布をお尻のポケットに入れるな!!」

と初対面で上からマリコで言われました。

いや、これがアメカジファションやし。と思ったけど「貧乏になるよ。」と言われてビビってやめてました(笑)。去年10月から僕がお尻に財布差してないの気づいた人???

財布の使い方教えてもらって実践してみると確かに言われてみると偶然かもしれんが変わってきた。完全にそれ専用の財布を企画したらえ~わけでしょ?ってなわけでやります。

 

ちなみに不思議な統計データがありました。このあたり意識して企画します。

  • 財布の価格はその人の年収の➗200
  • 財布の寿命は2年9ヶ月
  • 貧乏な人はお財布にお金が入ってる金額が自分の年齢✖1,000円以下。
  • 財布の素材には本革が良い。(爬虫類あかんらしい)

これホンマに発表されてる統計データらしい。

3万円の財布使ってる人は年収400万程度ってことでしょ?

確かにボロボロの財布使ってる人でお金持ち居ないかも??と思うでしょ?

カードの時代言うても確かに現金全然ないのは可怪しい。40歳やったら40,000円は最低入ってないとあかん言うことですな。

僕の場合は最低3万◯千円。

爬虫類の革はあかんらしい。蛇革が良いとか嘘やんけ。

もっと色んな情報や知識集めたので、それ打ち込んだ財布にしよう。

職人さんからも「マジでこの設計??」言われたけどマジマジ。

なんなら、売らなくても僕専用でえ~し。

 

自分が欲しいと思うところから企画を始めるが僕流。