読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本経年変化協会の会長の徒然日記

『日本のモノ造りは世界トップレベル』一生愛用できる経年変化するアイテムを企画する日本経年変化協会の会長の日記代わりのブログ

プロとお金とお財布とワタシ

暑い。蒸し暑い。体調不良者続出ですが、幸い頑丈なもんで体調不良になりません。

うん。今日もご飯が美味しい。

f:id:japanaging:20150712233616j:plain

それはともかくスタッフのブログの情報配信が上手い。上手すぎる。

僕より反響がある(笑)。今日も解りやすいブログをサンキュー。

specialite.ko-co.jp

そんなスタッフや関係者から

「仕事を依頼する際、職人さんを選ぶ基準ってあるの?」

と質問されます。お陰様で数年前と比べると日本経年変化協会と一緒に企画をしたいと言って頂ける声が少しづつ増えてきたので本当にありがたいですが、お仕事をお願いするかどうかはメッチャ慎重に考えております。

なんで、仮に企画が思い通りにいかない場合でも製作してくれる職人さんの責任なんぞ一切問いません。企画プロデュースが考えて行ったことなので、全責任は僕にあると思っています。そう思える方にお願いしている自信だけあります。根拠あらへんけども(笑)。

ただし、僕に対してNGキーワードがあって面談してそのキーワードを耳にしたら一緒に仕事はできないなと思います。ぶっちゃけ5人に一人はあるので、職人さんあるあるかもしれません。


「好きな事ができればお金は関係ない。」


 これマジで?マジで言ってるの?と聞きたくなる。嘘つきですよ。

好きな事するためにお金が必要。貧乏で好きなことすると言っても制限がある。好きな事は裕福な環境でやるのが一番。持論ですけど人間は究極はお金やなくて自由を求めていると思います。自由を実現するツールがお金なんやと思います。お金はどうでも良いとか言ってるから製作費用を叩かれるんやと思います。日本経年変化協会は高品質多品種少量生産のモノ造りを通じて、職人さんの技術に対する評価と対価が海外より日本は低いので、僕はそれを底上げしたいんですわ。やればやるほど貧乏になるなんて誰も職人を目指さなくなります。微力ながらでも日本のモノ造りの価値をあげたいんで、この発言聞いたら一緒には仕事できません。プロじゃないYo。それは。


「できるだけ、やってみます。」、

「やるだけやってみます。」


 僕の企画する商品のクオリティは自信があります。それだけ職人さんに求める精度や要求は高くなります。それをクリアしてくれるならば、見合った製作費用であればホンマに「言い値」でお願いしてます。

なんで、新作企画するのは企画も製作も腹くくってます。こっちは腹くくって

「これ難しいお願いですけど、できますか?」

と真剣にお願いしてます。そんな返答が

「できるだけやってみます。」

「やるだけやってみます。」

と応える職人さん本当にいらっしゃいます。その瞬間僕が冷めてしまってダメだなぁ~と。今協力してくれている職人の方々は皆二つ返事です。

「出来ます!!」

「やります!!」

返答が違うんですよ。

「できるだけやってみます。」

「やるだけやってみます。」

は裏返せば「失敗したらオレの責任じゃね~ぜ!!」と言う意味があります。僕は失敗ではなく、思い通り行かないと言う認識やので、実際多くの場合がサンプル一発で満足でけるもんができるわけないんですわ。でもプロは上手く行かない理由と対策を考える。一緒に試行錯誤でける相手じゃないとダメなんです。だからプロじゃないYo。それは。

 


ちなみに『お金が貯まる財布』企画します


 お金のお話したので、ついでに告知。

経年変化ってマニアックな概念で仕事してると、出会う人達も各分野のマニアックな方々が多くて、異分野のマニアックの方々の話しは本当に面白い。心底

「へぇ~~~マジっすか?」

と思わされてしまう。もう僕のハートを鷲掴み(笑)。根堀葉掘り質問してしまう。

昨年末に『お金の風水マニア』な方に出会った。

お金の使い方と財布の使い方をレクチャーしてもらったら、気持ちだけどもお金のやりくりが以前にも楽になったような気がする。

で先日ひさしぶりにお会いしたので、その旨伝えると

「でもワタシの理想とする財布がなかなかないんだよねぇ~。」

ふ~ん言いつつ内心、あれこれ質問して仕様固めて自分で企画しちゃる!!と思いました。財布の寿命はその方曰く「1000日」だいたい「2年9ヶ月」ふ~ん。3万円ぐらいの上代であれば1年1万円かぁ~。

お金が好む革とか色々質問してどんなレザーを使えばよいかとか瞬時に頭を駆け巡る。ほんで今日財布をメインにしてる職人さんに速攻連絡して打診してみたら、これまたスムーズに話しが進む。帰りに日曜日だけど姫路に連絡して専用の革を手配。

お金貯まる財布企画するぞ~!!

私利私欲万歳!!